TOP

スポンサーKataribe

意外と見落としがちなこと

仕事が美容師なので毎年手荒れしないように気をつけています。
ちょっとしたことを気をつけるだけで指が割れることも少なくなってきました。
保湿をしっかりするとささくれも無くなってしっとりした綺麗な手になります。
さてまず最初は、なるべくお湯は使わないってよく言われてますね。
でもさすがに真冬に水で洗うのはさすがにキツイです。なので、ぬるま湯くらいにしましょう。
理由は、普段使っている洗剤や手洗い用のハンドソープは界面活性剤の洗浄成分だけでもしっかりと油分を洗い流す力があります。(食器用洗剤とかならなおさら)
それに加えてお湯による脱脂力が加わるので手の油分を持って行かれてしまいます。
お湯の温度が1度高いだけでも脱脂力が結構高くなるみたいなのでぬるま湯くらいに温度下げるだけでもだいぶ良くなります。
そして、ちゃんと手についた洗剤をよーく落とす。成分が残っていると痒みの原因になったりします。しっかりと流してくださいね。
その後にお気に入りのハンドクリームをたっぷり塗ってください。
水仕事が多い人はハンドクリームを水弾き力のあるものにしてもいいかもしれません。
自分は被膜感があまり好きではないので、水弾き力は少ない分こまめに塗るようにしています。
好きな香りのハンドクリームだと使っていて気分もいいので、自分に合ったものを見つけるのも大事ですね。
当たり前なことかもしれませんが、意外と見落としがちなことなのでもう一度見直してみてくださいね。

.

最終更新日:2015-02-20 02:11

コメント (0)